こどもは走るのが隠れ家で、幼稚園のマラソンフェ

こどもは走るのが隠れ家で、幼稚園のマラソンフェスティバルも先端の方を走って帰ってくるお子さんでした。また、自転車の背面に乗せていても、住まいの近くまで来るといった「降りて走って帰る」というのが各回だ。
小学生1年生の時の持久走フェスティバルでのことです。幼稚園では先端の方を走っていたこどもですが、勉強となれば他の保育園幼稚園からも沢山のお子さんが入学するし、そこまでランキングは伸びないだろうと勝手に思い込んでいました。練習しているときの雰囲気を聞いても、独自は手早いのかのろいのかわからないし、誰が手っ取り早いのかもわからないとのこどもの言葉づかい。そんな訳で、自身は結構期待する気持はそこまでありませんでした。
但し、即日3日光前の前リハーサルでこどもが4位をとったと言ってきました。しかも、転んでしまっての4位だ。そうしたら、私の見込みはあっという間に膨らみました。こどもに「即日は転ばないで3位とれたらいいね」と話し、こどももニコッと答えてくれました。
本当に、即日。私もこどもの現れを見に行きました。チャレンジ事後、こどもは転びました。うわっと思いながらも見守っていましたが、前もって転んだのがいけなかったのか、絶えず中盤ところを走っています。仕方ないなぁと思いつつ見ていたら、誠にこどものラストスパートがすごかったのです。15位箇所からごぼう抜きが始まり、ひいては先頭にたってしまいました。追い越されたお子さんも抜かれた一目、一刻足つきをあげましたが、こどもには追い付きません。ひいては1位をとったのです。こどもはこういう体験が通年最良うれしかったようですが、私もよその妻から褒められ、ずいぶんと鼻が高かった体験だ。つむじが薄い